YAML を使うことにした。当初 XML を使うつもりだったけどマップするのがめんどいので保留。obj.to_yaml だけなのは簡単でいい。あんまり文法は好きじゃないんだけど……

  1. トップ
  2. ruby
  3. chokan の設定
  1. トップ
  2. prog
  3. chokan の設定
  1. トップ
  2. script
  3. chokan の設定

生徒に動物が混ざっている。でも違和感は特にない。誰も気にしない。動物たちはもともと人間であった。彼らは望んで動物になった。何故だかは知らない。人間の頃の写真を見た。今はライオンの人が印象に残っている。持ち物検査か何かがあるらしくライオンは途中でどっかにいった。ライオンはあまり成績はよろしくない。でも他の生徒からは割りとすかれている存在だった。俺はその教室の中にいつのまにかいる。本校舎から教室が分離してある。

場面が変わって雪山。スキーをつけずに滑り降りる。(ファンスキーをもっとちっちゃくしたら靴サイズになっちゃったよ。みたいな勢い) スノーボーダーが危ない。

  1. トップ
  2. self
  3. 夢、動物の学校

elsif もそうだけど for - in も嫌いだ。読む順番がアレなんだよなぁ。素直に each でいいじゃないみたいな。ついでに each と同じだと考えてるとハマる。スコープがスタックされない (この表現が正しいかは知らない)

  1. トップ
  2. prog
  3. Ruby for-in

一番重要なのは雰囲気で、それが実際にありえるかどうかは大した問題じゃない。とはいえ最低限のリアリティは必要。まぁ結局場合によるけれど……

さて、ニ段落目を書いては消し、書いては消し、結局うまく文章化できなかった。こういうのが多いな。

  1. トップ
  2. life
  3. ソレっぽさ
  1. トップ
  2. thinking
  3. ソレっぽさ

IRC BOT を作り直し。RICE 使うことにする。

プラグインのロード方法を変えた。新しい無名のモジュールを作ってその中で実行してクラスのインスタンスを得るようにする。そうすれば空間が汚れないし GC 的にも嬉しいっぽい。たぶん。

    def load(klass_name)
filename = klass2file(klass_name)
mod = Module.new
mod.module_eval(File.open("#{dir}/#{filename}") {|f| f.read}, filename)
c = nil
begin
c = mod.const_get(klass_name)
rescue NameError
raise ClassNotFoundError.new("#{dir}/#{filename} must include #{klass_name} class")
end
# @klass (new に渡した上位クラス) を継承していなかったらエラー
if c < @klass
@plugins[klass_name] = {
:instance => c.new,
:loaded   => Time.now,
}
else
raise NotInheritAbstractClassError.new("The class #{klass_name} must inherit #{@klass}")
end
klass_name
end

Abstract っていうのはなんか違う気がする。

  1. トップ
  2. prog
  3. chokan 再実装
  1. トップ
  2. ruby
  3. chokan 再実装
  1. トップ
  2. irc
  3. chokan 再実装